合宿免許にかかる期間について

合宿免許は、ドライビングスクールがもっている合宿所か、近くのホテル、旅館に泊まり込みをしながら、学科教習や技能教習を受けるスタイルのため、無駄がなく、かなり期間を短縮しながら卒業に至ることが可能です。

そのため、夏休み中の学生などを中心として人気がありますが、実際に卒業するのにどれくらいの期間がかかるのかについては、だいたいのドライビングスクールで共通しています。

合宿免許に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

普通自動車の運転免許を取得するための合宿免許の場合には、おおむね14日間から17日間程度が合宿免許の期間の相場といえます。



これは、当日中に連続してできる技能教習の時間数が、公安委員会によって制限されていることと、そもそも技能教習や学科教習のトータルの履修時間数が決められていることが背景にあります。

したがって、どれほど詰め込み型で合宿免許のプログラムを組んだとしても、このような公安委員会の指示にしたがう限りは、日数をむやみに短縮することができない事情があります。


ただし、合宿免許のなかには、前期と後期に期間を分割して、それぞれ数日程度の期間として、トータルでは14日以上の時間数を確保しているケースもみられます。

このようなプランは、途中で用事があって自宅に帰省したい人などに配慮したものといえます。


また、時間数は運転免許を取得しようとしている自動車の種類によっても違いがあるため、たとえば自動二輪のプランは、普通自動車よりも期間が短くなります。

Copyright (C) 2016 合宿免許にかかる期間について All Rights Reserved.